続 三浦の家(水周り編)

2020/12/5

夏に完成した三浦の家 水周りのご紹介です。

 

まずはキッチンから。

II型で、通路幅を1.3m確保した広々使えるオーダーキッチンです。

天板は、無垢板を剥ぎ合わせたもの。シンク側は長さが4.5mもあります。

 

水場で無垢板の天板を使う事を躊躇される方もいますが、

お手入れは他の素材とそんなに変わりません。

 

 

 

キッチンに立つと、森と海が同時に見えてきます。

シンクはステンレスで幅900mmほどの大きめなサイズ

カウンター下には幅600mmのASKOの食洗機もセットしました

 

 

コンロ側の壁にはイタリア製のレトロなデザインのタイルをチョイス。

照明はシンプルな真鍮のペンダントとブラケットで揃えています

 

 

 

 

続いて、洗面室(2ヶ所)

シンプルに無垢板天板と流しだけの造作です。

漆喰の壁に、ヒノキの床板

タオルウォーマーは壁に馴染む白色としました。

 

 

こちらは少しデザインを変えて、キッチンと同じ無垢板接ぎ合せの天板

壁はヒノキの板張り、床はタイルとしました

 

 

 

 

 

そしてお風呂(2ヶ所)

洗面室とは扉で仕切らず、オープンなつくりとしました。

浴槽の前には大きな木製窓。

(写真にはまだ写っていませんが、窓の外にはデッキができています)

 

近隣から隔絶されたプライベートなお庭を眺めながら入浴ができます。

壁面は、タイルとヒノキの板を使い分けています

 

 

こちらは4面シックなグリーンのタイルで仕上げました

 

 

 

 

 

最後はお手洗いです。

 

 

曲がりのある一枚板に、信楽焼のボウルを合わせました。

水栓や配管、紙巻は全てブラックで統一し、タオル掛けのみ真鍮でアクセントを加えてみました

 

お手洗いの漆喰の壁は、陰影が出るよう「引き摺り仕上げ」としました

 

 

以上、三浦の家の水周りのご紹介でした

 

 

ただいま外構工事を進めており、もう少しで完成。

そちらも改めてご紹介します。

 

 

 


年末年始の休業のお知らせ 12/30〜1/3

2020/11/30

11月最終日、2020年も残すところ1ヶ月となりました。

 

年末年始の休業予定をご案内いたします。

 

■日程:2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)

 

 

休暇中のお問い合わせにつきましては、1月4日以降に順次ご連絡させていただきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 


2020 餅つき大会について

2020/11/16

2020年も残すところ一ヶ月余りとなりました。

 

毎年、年末に開催している餅つき大会についてお知らせします。

 

開催に向けて計画をしてきましたが、

ウィルス対策がなかなか難しい餅つきというイベントであること、

また、第3波が来つつある状況から、

今年は、残念ながら中止とすることを決定いたしました。

 

 

今年はどうなりますか、と各方面から質問をいただき、

皆さんの年末の風物詩として認識されているのだなと思うと、残念でなりません。

 

 

来年は開催できることを願って。

 

 

 


続 稲村ガ崎の家 リノベーション

2020/11/14

 

この頃は寒さも少しずつ増し、そろそろ冬の気配を感じます。

 

 

先月、新築2軒がお引渡しとなり、ひと段落、秋の深まりも感じて

近くの山にショートトリップしてきました。

 

 

 

 

ひんやり心地いい風を受けながら森の中を歩き、動物と触れ合い、とても癒されました。

 

 

 

 

さて、稲村ガ崎の家 リノベーション 続編です。

 

 

前回のLDKに続き、残りの洗面所、浴室、トイレ、書斎をご紹介します。

 

洗面はキッチンと同じくモールテックスにオークの扉を合わせました。

落ち葉の溜まっていた裏庭にはデッキと板塀を設置し、盆栽をディスプレイします。

 

 

After

 

Before

 

 

 

洗面所の隣は浴室、造作風呂です。

 

洗剤や水のかかりやすい部分にはタイル、腰上に桧をはっています。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとしたお庭を臨めるお風呂であれば

 

調光できる照明で室内側の明かりを落とし、外をライトアップするのがおすすめです。

 

リラックスタイムを存分に演出できます。

 

 

 

 

 

 

ゲスト用のトイレ

Morrisの壁紙と一枚板をアクセントにした空間です

 

 

 

 

 

 

書斎には採光窓を取り、暗い廊下に光が入るようにしました。

 

隣接する寝室との間仕切りには2枚の回転扉を設置しています。

 

 

 

 

 

Before

 

After         

 

 

 

玄関と廊下の壁は既存の繊維壁に珪藻土を上塗りしています。

(引き摺りヘッドカット仕上げ)

 

 

玄関は和風の設えとなっており、状態が良かったので、ほとんど既存を生かしています。

 

 

 

 

 

和風の玄関を入ると、奥には海外を思わせる空間が広がります。

家の主人が変わると、その人らしさが家に現れて、リノベーションの面白いところだなと感じます。

 

 

 

 

以上、稲村ガ崎の家 でした。

 

 

 

屋根:銅葺屋根(既存)

 

外壁:杉板貼り

 

室内床:杉板・タイル・オーク(ラフ仕上げ)

 

室内壁:漆喰・珪藻土・クロス・タイル

 

 

近藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


湘南スタイル NO.83 2020年11月号 に掲載されました

2020/11/10

湘南スタイル11月号に、2019年にリノベーションした長谷の家が掲載されました。