大工道具①

2017/10/15

こんにちは。

今回は大工道具の一つ「玄能(げんのう)」をちょっとご紹介。KIMG3169

中玄能。重さは100匁。(因みに1匁は3.75g)普通に仕事をするにはこれ一本で十分でしたが、色々な仕事を経験する度に、KIMG3166増えていきました。

刻み加工に使う重い180匁、長い釘等を打つため使う少し重い150匁、安定して打てる打撃面の広い120匁のダルマ玄能。細い釘を打つ40匁の小さな玄能。

一本あれば十分では?と思われますが、大きな玄能で細い釘を打つには難しく、太くて長い釘を打つのに小さな玄能では弾かれてしまいます。なのでそれぞれ適した場面で使い分けるために沢山必要になってきます。 中には10本以上も持っている人もいます。

柄もそれぞれこだわりがあったりと、使う職人の個性が特に感じられる道具の一つです。


AKITA

2017/10/13


こんにちは大工の浅利です。

 

昨日までは暑い日が続いていましたが、今日からいきなり肌寒くなりましたね。

いっきに季節が進みそうです。

 

 

さて楽居アンテナショップのAKITAでは、今週も新しい商品が入荷されています。

IMG_2791

おしゃれなアーミーナイフと枝切りハサミ

 

IMG_2792

 

このくりぬき弁当箱は、一つの木材を使用しています。

最後にAKITAまえからの朝焼けです。

IMG_2781

 

是非足を運んで見てください!

 


楽居の家造り

2017/10/12

こんちには。秋の陽気が気持ちよいお天気ですね^ ^

楽居の家造りは伝統工法を基本とした構造は勿論、自然素材や国産材を適材適所使用する事でメンテナンスの効く、身体にも心にも優しい家造りを考えています。

住まい手にとって、家造りの希望や理想は様々です。生活のリズム、ライフスタイル、趣味思考により、家のカタチは様々です。

自然素材や国産材をふんだんに使用して、どこか懐かしい日本の伝統的な容姿の家。

 

 

 
伝統的なものだけにとどまらず、新しい発想での家造りも挑戦します。

石や鉄様々な素材を取り入れ、住まい手のライフスタイルに合わせた家。

杉や檜の国産材以外も柔軟に取り入れ調和を大切にします。

 

また、マンションのリノベーションや店舗など様々な空間造りもてがけます。


基本としっかり向き合ってきたからこそ、様々なニーズに応える。

楽居ではそんな家造りを目指します。

t.nagashima


新たな企画進行中

2017/10/9

実は今新たな企画が進行中です

もっとたくさんの方々に楽居の家を知って頂く、住んで頂こうと考えてます

 

と言ってもまだ話せないのですが、おいおいこちらやFacebook、Instagramなどで

お話しさせて頂く予定です

 

という宣伝です(笑)

 

さて親方三浦は本日から中国に出張中です

スクリーンショット 2017-10-09 18.19.07

 

楽居公式Instagramでは先程の件も含め、色々な情報や画像を載せております

是非一度ご覧ください

画像の商品は手に入りますか?と言ったお問い合わせも可能です

 

スクリーンショット 2017-10-09 18.32.15


手仕事直売所2017

2017/10/8

こんにちは

汗ばむくらいの秋晴れ。気持ちがいいですね

 

先週の事

銀座松屋で開催されていた手仕事直売所に、今年も足を運んできました。

昨年のこの時期に丸直製陶所のコップを紹介したのがついこの間の事のようです。

 

DSC_0950

 

DSC_1036

 

会場をぐるぐるぐるぐるして、気に入った数点を購入しました

 

DSC_1033

右から、飛松陶器さんの花器

益子の陶芸家の寺村さんの陶器

岡山の石川硝子工藝舎さんの吹きガラスの鉢

 

 

DSC_1035

複雑な色。工程を聞いたのですが、忘れてしまいました

早くお花を飾りたい

 

飛松陶器は照明器具の製作もしていて、

以前戸塚の家の計画で飛松さんの名前が出たのをハッと思い出し、

ちょうど作家さんとお話をすることができました。

小ぶりですが、存在感があります。

これも欲しかった

DSC_1038

 

 

DSC_1034

この硝子は、すこし、はちみつ色になっているんですよ、と聞いたためか、

今朝はこれでヨーグルトとグラノーラを食べたら

はちみつの味がするような気がしました

 

 

DSC_1039

 

大切に使いたいと思います。

 

 

はやさき