ジューンベリーの実を収穫

2020/5/31

今日は少し梅雨の気配を感じます。

 

 

先日、アンジューのお庭にあるジューンベリーの実を収穫しました。

 

たくさんの実をつけています!

 

赤黒い実が収穫時です。

 

 

 

 

 

少し鳥に食べられてしまいましたが、ボウルいっぱいに取れました。彩りが美しい…

 

 

自然の恵みをいかに美味しく頂くか  .  .  .

 

考えた結果、

 

早崎お手製のスムージーになりました!!

 

逗子のM様より頂きたジャムを少し加えましたが、

今年の実は例年よりも甘みがあり、スムージーにして正解でした!

味わってみると、アセロラっぽい風味を感じました。

 

 

お庭にお花や実を楽しめる木があると、楽しいですね。

ごちそうさまでした!

 

近藤


続々 愛川半原の家

2020/5/23

 

住まい手より、現在の家の様子を送っていただきました。

 

山の緑を背景に。

こんなロケーションはなかなか珍しい(合成写真ではありません!)

秋には紅葉した木々に囲まれると思うと、心が躍ります。

 

 

板塀に見えるは、セルフビルドした薪小屋です。

今冬に向けて、薪を収集中だとか。

 

 

こだわりのキッチン&カウンター

カウンターから、窓越しの山の緑がちらり。

お茶でもしに行きたくなります。

 

 

夜はというと、

さすが愛川町、空気が綺麗で星もくっきり

 

 

山と川が近い立地ですが、湿度は安定しているそうです。

無垢材と土壁効果が出ているのですね。

 

住まい手にとっては、数ヶ月におよぶセルフビルドで随分大変だったと思いますが、

暮らしはじめて効果を実感できると、喜びも一入でしょう

 

今後はラグや植物を入れていくとの事。

楽しみは尽きませんね

 

 

 

屋根:ガルバリウム鋼板

外壁:杉板(ウッドロングエコ セルフ塗装)

室内床:桧・杉板

室内壁:土壁 漆喰(セルフ左官)・珪藻土クロス

 


続 愛川半原の家

2020/5/17

5月も半ば。初夏の陽気です。

アンジューのジューンベリーの実は、6月の収穫に向けて順調に育っています

 

 

愛川半原の家、続編です。

キッチンはⅡ型の配列です。

(キッチンをこんな風に上から見れることって少ないので、新鮮!)

 

コンロ側はメーカーキッチンを、シンク側はタイルトップの造作キッチンです。

 

 

悩みに悩んだ壁タイルは艶のあるチョコレート色のタイルとしました。

家電のブラックとも相まって、大人な雰囲気です。

奥のパントリーはモリスの壁紙をチョイス

 

 

 

シンク側は扉なしのオープンなキャビネット。

タッチレス水栓に、W600のASKOの食洗機もセットされています。

 

 

 

洗面台もシンプルに造作しました。

床も壁も無垢の杉板を使用。湿気対策には◎です

 

 

無垢材の建具は、あえてブラックとオリーブ色で塗装。

木ばかりだとどうしても野暮ったくなりがちなので、良いアクセントになりました。

 

この塗装も住まい手が行いました。

土塗りに比べたら、だいぶ楽な作業だったはずです!

 

 

吹き抜けを見上げるとこんな感じ。

かっこいいですね

 

こちらはデッキ。

軒を大きく伸ばすことで、雨の日にも使える空間となります。

 

 

伝統と新しさをMIXした、楽居らしい家となりました。


木のまな板プレゼント (終了いたしました)

2020/5/2

このところ、出勤時のウォーキングでは少し汗ばむくらい暖かくて、初夏を感じています。

 

 

さて、みなさまは大型連休はどのように過ごされているでしょうか?

 

私は半年前から屋久島に行こうと計画を立てていましたが、

なくなく予定をキャンセルして、今年は家でゆっくり過ごす事にしました。

 

連休前にタイミングよく友達がシューケアセットを送ってくれたので、

革靴のメンテナンスをするのが、直近の楽しみです。

家に籠っていても楽しみがあるというのは、とてもありがたいことです。

 

 

前回の投稿にもありましたように、

取引先のお庭関係の問屋さんがカサブランカの球根を配ったり…

私の知り合いのカーテン屋さんではカーテン生地でマスクを作って配ったり…

 

自分達だからこそできることは何か、

知恵を絞って取り組む姿勢に心が温かくなります。

 

それぞれが得意なことを、少しずつ提供していくことで、

少しでも前向きにこの時期を乗り越えていけたら良いですね。

 

 

らっきょの得意なことで、役に立てることはないか、

少し前に、らっきょでも意見を出し合いました。

 

そこで、木材の加工の際に出る端材(桧やサワラ)を活かした、

まな板をプレゼントする事になりました  !

 

端材ですので、小さめのサイズ感で、大きさはまちまちです。

(だいたい250x150mmくらい)

 

 

外出を控えておうちでの食事が増えているかと思いますので、

木のまな板で少しでも気分をあげて料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

また、まな板の梱包材として、桧の削りくずを同封する予定です。

こちらは洗濯ネットに入れて湯船につけるとアロマのように桧の香りを楽しめます。

 

 

 

_________________________________________

 

まな板をご希望の方は、

(お名前  /  住所  /  電話番号)をお問い合わせフォームからお送りください。

 

*送料着払いとなります。

*お電話での受け付けは致しておりません。

 

ただいま100枚ほど用意ができました。

数量限りで先着順とさせて頂きます。

連休明けの7日以降、順次発送致します。

 

_________________________________________

 

 

 

ご応募いただいた方は、

届くまで、楽しみにお待ちいただければと思います。

 

良いおうち時間が過ごせますように…

 

 

 

近藤 5月2日

 

▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱

 

先着の応募が100枚に 到達致しましたので、締め切らせていただきます。

 

たくさんの方にお声掛けいただき大変嬉しく思います。

ありがとうございました。

 

5月13日追記

▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱▱


今できること

2020/5/1

ここ数日はすっかり春らしい陽気となり、日中の日差しがまぶしいくらいです。
木々が芽吹き、草花が華やぐこの季節は、何度迎えても心躍ります!
「STAY HOME」をキーワードに、今年はいつもとは違う大型連休を過ごしている方も多いかと思いますが、私もこれから数日の連休を家でどう過ごそうか??と思案中。
結局、いつもと代わり映えなく、自宅のウッドデッキの解体と作り直しに明け暮れることになるのですが、たまにはしっかり、家族サービス、子どもサービスの時間を設けたいと思います。

 

そんな中、取引先から届いたカサブランカの球根。
新型コロナウイルス感染症対策として、外出自粛要請が出る中、自宅で過ごす時間を少しでも楽しめるように!という心配りだそうです。
ステキな取り組みですね。

本来秋植えの球根ですが、開花調整して掘り上げたもののようです。
今から植えて、100日ほどで花が咲くそうなので、子どもたちと一緒に、生長を観察していきたいと思います。
カサブランカが咲く100日後には、少しでも平常に近い状態に戻っていることを願うばかりです。

 

私たち楽居も「今、自分たちにできることは何か?」を考えて、準備を進めています。
大きなことはできませんが、自分たちにできること、すべきことを実践し、形にしていけたらと思っています。

 

m.miura