本牧の家 完成

2021/3/19

 

先月、本牧の家が完成しました。

 

三渓園の近くで緑と猫が多く、のんびり静かな立地にあります。

 

 

 

 

外観

焼杉と漆喰の2色のコントラスト

中庭を囲むコの字プランで、内に開けたつくりとなっています。

 

 

 

 

玄関

古建具がお出迎えしてくれます。

壁は漆喰、床はヒノキの厚板を使っています。

 

 

 

 

トイレ

床と腰壁にヒノキを使っています。

 

 

 

手洗いは住まい手のこだわり、やちむんの器です。

 

 

 

 

書斎

杉の床に土壁です。

1階ではこの部屋だけ平家なので、屋根勾配が出せます。

土の落ち着いた色味も効いて、少し篭り感があり仕事が捗りそうな良い部屋です。

 

 

 

 

和室

目積畳に壁は聚楽、焼杉の網代天井の和室。

障子を開けて廊下を兼ねる内縁とひとつの間とする事で広々感じます。

 

 

 

雪見障子となっているため、中庭の植栽だけを切り取り、景色として楽しむ事もできます。

中庭は住まい手のこだわりで山野草を中心に庭づくりを行う造園家に依頼されます。

 

 

 

 

LDK

玄関付近は和の要素を出していたのに対し、LDKは少しカジュアルに北欧を意識しています。

窓辺やカウンターには北欧アンティークの置物が飾られる予定です。

 

 

キッチンには家具屋でオーダー製作した可動式の作業台。

天板と扉は木目の美しいオークです。

床コンセントで電源を取り電子レンジや炊飯器などの家電をセットできます。

この他、できるだけ生活感を出さないように、LDKは収納を多めにとっています。

 

 

 

 

 

次回、2階のご紹介に続きます。

 

 

 

屋根:ガルバリウム鋼板

外壁:杉板(焼杉)

室内床:桧・杉板

室内壁:土壁 漆喰 クロス

 

 

 


本牧の家 タイル貼り

2021/1/17

現在進行中の本牧の家は、内装仕上げが進んでいます。

 

ダイニングキッチンは、壁一面をタイル貼りの計画。

 

 

ブロックを作って、貼り込んでいきます。

 

 

 

Y模様のついたタイルのため、パターンをいくつか検討し、これに決定。

 

 

 

浴室は、ホーロー浴槽にタイル&桧の壁の造作風呂。

天然石のような質感のタイルを選びました。

 

 

タイル貼りも終盤です。


続 三浦の家(水周り編)

2020/12/5

夏に完成した三浦の家 水周りのご紹介です。

 

まずはキッチンから。

II型で、通路幅を1.3m確保した広々使えるオーダーキッチンです。

天板は、無垢板を剥ぎ合わせたもの。シンク側は長さが4.5mもあります。

 

水場で無垢板の天板を使う事を躊躇される方もいますが、

お手入れは他の素材とそんなに変わりません。

 

 

 

キッチンに立つと、森と海が同時に見えてきます。

シンクはステンレスで幅900mmほどの大きめなサイズ

カウンター下には幅600mmのASKOの食洗機もセットしました

 

 

コンロ側の壁にはイタリア製のレトロなデザインのタイルをチョイス。

照明はシンプルな真鍮のペンダントとブラケットで揃えています

 

 

 

 

続いて、洗面室(2ヶ所)

シンプルに無垢板天板と流しだけの造作です。

漆喰の壁に、ヒノキの床板

タオルウォーマーは壁に馴染む白色としました。

 

 

こちらは少しデザインを変えて、キッチンと同じ無垢板接ぎ合せの天板

壁はヒノキの板張り、床はタイルとしました

 

 

 

 

 

そしてお風呂(2ヶ所)

洗面室とは扉で仕切らず、オープンなつくりとしました。

浴槽の前には大きな木製窓。

(写真にはまだ写っていませんが、窓の外にはデッキができています)

 

近隣から隔絶されたプライベートなお庭を眺めながら入浴ができます。

壁面は、タイルとヒノキの板を使い分けています

 

 

こちらは4面シックなグリーンのタイルで仕上げました

 

 

 

 

 

最後はお手洗いです。

 

 

曲がりのある一枚板に、信楽焼のボウルを合わせました。

水栓や配管、紙巻は全てブラックで統一し、タオル掛けのみ真鍮でアクセントを加えてみました

 

お手洗いの漆喰の壁は、陰影が出るよう「引き摺り仕上げ」としました

 

 

以上、三浦の家の水周りのご紹介でした

 

 

ただいま外構工事を進めており、もう少しで完成。

そちらも改めてご紹介します。

 

 

 


三浦の家 完成しました

2020/9/6

今年の頭から工事を進めてきた三浦の家が完成を迎えました。

数回に分けてご紹介します。

 

 

長手は13間(1間は1820mmなので、約23m)、

バーンと両手を広げたような(表現がムズカシイ・・)外観の平家の住宅です。

 

木製の窓を除き、基礎巾木から屋根板金まで、外回りは全て黒色で統一。

 

 

東京湾に向かって、たっぷりと開口を設け、

玄関を入るとこのビュー

 

 

海の青が目に飛び込んできます。

船が行き交う光景は、なんとも穏やかな気持ちにさせてくれます。

ちなみに窓の先に見える、草屋根の家は、知る人ぞ知る「みらいの家」です!

 

 

L4m超えのダイニングテーブル

「この〜木なんの木 気になる木〜」のあの木です。

 

 

北向きのLDKではありますが、高窓と天窓を設けたことで

柔らかい光が入り、とても明るい空間となりました。

 

 

薪ストーブは、ドイツのアイアンドッグ No.7

ストーブ背面は、蓄熱する土壁です。

多治見の土を使うことが多いですが、こちらは関東 荒木田の土。

 

横に見えるは、通称ホビットルーム 書庫です。

入り口は土を丸く塗ってもらいました。

 

床板は、吉野杉。

180mmと幅広の板で、節がほとんどないもの。

ストーブ下は、自然石を敷き、灰対策としました。

 

 

 

次回は水まわりをご紹介します

つづく

 


続々 愛川半原の家

2020/5/23

 

住まい手より、現在の家の様子を送っていただきました。

 

山の緑を背景に。

こんなロケーションはなかなか珍しい(合成写真ではありません!)

秋には紅葉した木々に囲まれると思うと、心が躍ります。

 

 

板塀に見えるは、セルフビルドした薪小屋です。

今冬に向けて、薪を収集中だとか。

 

 

こだわりのキッチン&カウンター

カウンターから、窓越しの山の緑がちらり。

お茶でもしに行きたくなります。

 

 

夜はというと、

さすが愛川町、空気が綺麗で星もくっきり

 

 

山と川が近い立地ですが、湿度は安定しているそうです。

無垢材と土壁効果が出ているのですね。

 

住まい手にとっては、数ヶ月におよぶセルフビルドで随分大変だったと思いますが、

暮らしはじめて効果を実感できると、喜びも一入でしょう

 

今後はラグや植物を入れていくとの事。

楽しみは尽きませんね

 

 

 

屋根:ガルバリウム鋼板

外壁:杉板(ウッドロングエコ セルフ塗装)

室内床:桧・杉板

室内壁:土壁 漆喰(セルフ左官)・珪藻土クロス