三浦の家 完成しました

2020/9/6

今年の頭から工事を進めてきた三浦の家が完成を迎えました。

数回に分けてご紹介します。

 

 

長手は13間(1間は1820mmなので、約23m)、

バーンと両手を広げたような(表現がムズカシイ・・)外観の平家の住宅です。

 

木製の窓を除き、基礎巾木から屋根板金まで、外回りは全て黒色で統一。

 

 

東京湾に向かって、たっぷりと開口を設け、

玄関を入るとこのビュー

 

 

海の青が目に飛び込んできます。

船が行き交う光景は、なんとも穏やかな気持ちにさせてくれます。

ちなみに窓の先に見える、草屋根の家は、知る人ぞ知る「みらいの家」です!

 

 

L4m超えのダイニングテーブル

「この〜木なんの木 気になる木〜」のあの木です。

 

 

北向きのLDKではありますが、高窓と天窓を設けたことで

柔らかい光が入り、とても明るい空間となりました。

 

 

薪ストーブは、ドイツのアイアンドッグ No.7

ストーブ背面は、蓄熱する土壁です。

多治見の土を使うことが多いですが、こちらは関東 荒木田の土。

 

横に見えるは、通称ホビットルーム 書庫です。

入り口は土を丸く塗ってもらいました。

 

床板は、吉野杉。

180mmと幅広の板で、節がほとんどないもの。

ストーブ下は、自然石を敷き、灰対策としました。

 

 

 

次回は水まわりをご紹介します

つづく

 


稲村ガ崎 リノベーション 完成

2020/7/12

 

少し前になりますが、4月を目前に桜が咲き始めた頃、

 

鎌倉稲村ヶ崎    戸建てリノベーションが完成しました。

 

山の上から海を望む、素晴らしいロケーションの物件です。

 

 

 

 

 

 

床材は、のこぎりで切り出したエッジをそのまま生かしたラフオーク

 

キッチン扉は床材と合わせてオークのラスティック、

 

天板には黒に近いグレーのモールテックスを採用しました。

 

既存の赤レンガの柱に合わせて、キッチン壁にも赤レンガを新規で入れました。

 

ルーバー天井で奥行きのある空間を強調しています。

 

 

 

 

 

 

薪ストーブはスキャンサーム シェーカー を導入しました。

 

スッキリとした他にはないデザインがスタイリッシュな空間にマッチしています。

 

 

新築時の70年代の有機的な要素を生かしたいと、

 

ストーブ下の床タイルはヘキサゴンタイルと木が融合するようなイメージで突き合わせました。

 

 

なかなか職人泣かせの作業となりましたが、手間をかけた甲斐ありインパクト大です。

 

 

 

各部屋の家具は大工が手加工でヴィンテージ風に仕上げました。

 

 

 

一部、既存を生かした仕上げ ( 赤レンガ柱など ) や  ラフな床、ヴィンテージ風家具のため、

 

 

住まい手のK様より

 

「新居だけれど、傷や汚れなどに気を遣わず、生活していてストレスがない!」

 

と以前の新建材のお住まいと比較して感想をいただきました。

 

 

 

既存の状態はこちら

 

 

 

建築当初の住まい手は工務店を経営されていた方とだけあって、各所に粋なこだわりがみられ、

 

和と昭和モダンが融合したポテンシャルの高い物件でした。

 

 

 

工事では一度、スケルトンにしています。

 

 

 

 

 

山の上という立地やボリュームの大きさが相俟って、根気のいる現場でしたが、

 

住まい手の人柄とロケーションに救われ、大変な中でも楽しい現場でした。

 

 

 

 

 

延べ床面積50坪以上の贅沢な平屋リノベーション、次回  造作風呂につづきます…

 

 

 

屋根:銅葺屋根(既存)

 

外壁:杉板貼り

 

室内床:杉板・タイル・オーク(ラフ仕上げ)

 

室内壁:漆喰・珪藻土・クロス

 

 

近藤

 


続々 愛川半原の家

2020/5/23

 

住まい手より、現在の家の様子を送っていただきました。

 

山の緑を背景に。

こんなロケーションはなかなか珍しい(合成写真ではありません!)

秋には紅葉した木々に囲まれると思うと、心が躍ります。

 

 

板塀に見えるは、セルフビルドした薪小屋です。

今冬に向けて、薪を収集中だとか。

 

 

こだわりのキッチン&カウンター

カウンターから、窓越しの山の緑がちらり。

お茶でもしに行きたくなります。

 

 

夜はというと、

さすが愛川町、空気が綺麗で星もくっきり

 

 

山と川が近い立地ですが、湿度は安定しているそうです。

無垢材と土壁効果が出ているのですね。

 

住まい手にとっては、数ヶ月におよぶセルフビルドで随分大変だったと思いますが、

暮らしはじめて効果を実感できると、喜びも一入でしょう

 

今後はラグや植物を入れていくとの事。

楽しみは尽きませんね

 

 

 

屋根:ガルバリウム鋼板

外壁:杉板(ウッドロングエコ セルフ塗装)

室内床:桧・杉板

室内壁:土壁 漆喰(セルフ左官)・珪藻土クロス

 


続 愛川半原の家

2020/5/17

5月も半ば。初夏の陽気です。

アンジューのジューンベリーの実は、6月の収穫に向けて順調に育っています

 

 

愛川半原の家、続編です。

キッチンはⅡ型の配列です。

(キッチンをこんな風に上から見れることって少ないので、新鮮!)

 

コンロ側はメーカーキッチンを、シンク側はタイルトップの造作キッチンです。

 

 

悩みに悩んだ壁タイルは艶のあるチョコレート色のタイルとしました。

家電のブラックとも相まって、大人な雰囲気です。

奥のパントリーはモリスの壁紙をチョイス

 

 

 

シンク側は扉なしのオープンなキャビネット。

タッチレス水栓に、W600のASKOの食洗機もセットされています。

 

 

 

洗面台もシンプルに造作しました。

床も壁も無垢の杉板を使用。湿気対策には◎です

 

 

無垢材の建具は、あえてブラックとオリーブ色で塗装。

木ばかりだとどうしても野暮ったくなりがちなので、良いアクセントになりました。

 

この塗装も住まい手が行いました。

土塗りに比べたら、だいぶ楽な作業だったはずです!

 

 

吹き抜けを見上げるとこんな感じ。

かっこいいですね

 

こちらはデッキ。

軒を大きく伸ばすことで、雨の日にも使える空間となります。

 

 

伝統と新しさをMIXした、楽居らしい家となりました。


愛川半原の家 完成です

2020/4/18

外出自粛の中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

4月に入ってからは楽居でも感染拡大防止の為、テレワークを始めております。

ご不便をお掛けする事もあるかと思いますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

こんな状況になり、家のあり方について考える時間が増えました。

どんな場所で、環境で、窓からどんな景色が見えて、

どんな風に過ごせる家が良いのだろうかと。

 

そんな考えの一つの解になる家が3月の頭に完成しました。

 

街からは車で数十分かかり、山と川がすぐ近くにある場所です。

土地の価格をできる限り抑えて、理想の家を建てたいという希望で、

ご主人の山好きも相まって、土地が決まりました。

 

窓から見えるのは広い庭(と大きな薪棚)と山の緑くらい。

建物は自然素材(木、土、漆喰)をたっぷり使って、

すまい手自らも作業に参加して作りあげました。(薪棚工事継続中!!)

 

 

1階のリビングとキッチンをそれぞれ吹き抜けとし、

夏は風がまわり、冬は薪ストーブの熱が循環するようになっています。

 

 

 

キッチンを吹き抜けにした案は、これが初めてでしたが、

明るく、開放感があり、とても気持ちの良い空間となりました。

 

ガスコンロでも、垂れ壁なし・梁をみせられているのは、

告示225号をクリアした仕様だからです。

 

薪ストーブもしっかり許可を得ての設置です!

 

照明を落とせば、しっとり落ち着いた雰囲気となります。

キッチンに面したカウンターで、お酒が進みそうです

 

 

利便性よりも、自然豊かな環境、心地の良い住まいを目指した愛川半原の家、

続きはまた次回。

 

(設計担当:早崎)