横須賀の家 下屋工事

2017/7/25

こんにちは!

大工の井上です!

暑くてとろけそうですね。水分補給マメにしながら作業します。

さて横須賀の家では下屋の仕上げ工事が板金屋さんにより行われております。

20170725_100307

下屋は銅板横葺き仕上げになります。

ピカピカですね!

指紋等付けないよう手袋をはめて、神経を使う作業になります。そんな銅板も少し経つと緑青(ろくしょう)と呼ばれる錆が出てきて、とても綺麗な緑色に変化していきます。古い10円にも出てきますね。

20170725_143114

仕上がりと経年変化後も楽しみですね。

内部の下塗り土壁も塗り始まり着々と進んでおります。

暑さに負けず爽やかに作業していきます。


中国 マンション

2017/7/24

こんにちは 楽居の三浦です。

今週からでしょうか?子供達が夏休みに入りましたねー。

子供の頃は夏休みが楽しみで仕方がなかったものです。

IMG_0603

さて、この写真は中国のいわゆるマンションです。中国のマンションはこの様に スケルトン渡しが主です。

IMG_0604

ここから住まい手のかたが、自分の好きなように作っていきます。中国では設計事務所に依頼するか、施工店に依頼するか、コストを抑えたい方は各業者に依頼をしながら自分で作るかが一般的なのだそうです。ですが今回縁あって、空間のデザインを楽居へとのお話を頂きました。

IMG_0605

こちらはマンションの外観です。中国では残念ながら楽居にて施工をすることができません。そのため中国での楽居の立ち位置は、日本と同じように 住まい手の思いをくみ取り、施工店へ技術指導を通し住まい手と施工店との橋渡しをする事です。楽居が携わる事によって、日本と同じように感動して頂ければと思っています。

これから 楽しみです!


湯河原・箱根の現調

2017/7/23

こんにちは。

夏の暑さは小休止。今日は涼しいですね

 

金曜日、土曜日は、湯河原と箱根の新規案件の現調へ。

一件は、海と山が見える斜面地

もう一件は、箱根の山々が見渡せる土地

どちらも、それぞれに魅力があり、

頭の中で、こういうのはどうかなぁと考えが膨らんできます。

 

この時間が、家づくりをしていて、一番楽しい瞬間です。

たくさんの制約がありますが、最も自由な思考ができる瞬間です。

ワクワクしますね

 

DSC_0571

 

今日は、当日予約のご家族に、七里ヶ浜アンジューを見学頂きました。

(アンジューは、当日でも、空きがあれば見学可能ですよ!)

 

これからますます楽しくなりそうです。

 

 

はやさき


土壁塗りスタート

2017/7/22

こんにちは。

横須賀の新築工事、土壁塗りの作業が始まっています。1500722013942まずは荒壁塗りから。1500720758718連日の猛暑、中での作業も大変ですが、外でも汗だくです。

硬すぎず軟らかすぎず少しずつ水を加え調整しながら準備してくれています。1500720802151順調に進んでいます。

これからも暑い日が続きます。体調管理に気をつけて作業して行きたいと思います。

 


海の家

2017/7/21

こんにちは大工の浅利です。

昨日梅雨明けしたようですね。

子供たちはいよいよ夏休みですね!

IMG_2081

 

湯河原の吉浜海岸も海開きをして海の家も賑わっています。

 

僕は7月からオープンしました、楽居のアンテナショップAKITA で現場仕事がお休みの時は、お手伝いをしているのですが、たくさんの方々とお話しする機会に恵まれました。

例えば海の家の方々たち

AKITA のおがげでたくさんの海の家の方々とも仲良くしていただいています。

 

みなさん海の家といえば、伊豆の白浜海岸や鎌倉由比ガ浜などオシャレな海の家を想像する方も多いかもしれません。

 

IMG_2087

吉浜海岸の海の家は、どこか昭和の香り?がする海の家が多いです。

吉浜海岸の海の家は30年程前の最盛期には吉浜海岸の砂浜全てが海の家で埋め尽くされていたそうです。

今はその半分以下に減っているそうです。

時代の流れからでしょうか、経費と労力の問題で毎年お店を出さない方々が増えているそうです。

 

IMG_2088

 

しかし吉浜海岸の海の家は遠方から来るファンの方々が多く、AKITA にいらした埼玉県からお越しのお客様はここ10数年間夏は吉浜海岸の海の家だけに通っているそうです。

海の家を運営している、お酒好きのおじいさんが”海の家は、体力も使うし、運営もすごい大変。だから今はホントに夏が好きで、海の家が好きな人がお店を出してるんだよ”と言っていました。

IMG_2077

 

海の家には毎年10数年間連続で都内から来て、海の家で寝泊まりして6月下旬から8月一杯まで、働くお兄さんもいます。

 

 

IMG_2082

海の家のお仕事は、朝早くから夜遅くまでとてもハードだと思いますが、みなさんいつも笑顔で走り回り、そのパワーには脱帽です。

ホントに夏が好きで、吉浜海岸の海の家が好きな事が伝わります。

 

IMG_2079

今週月曜日は花火大会も行われ、30分間で6000発打ち上がります。

次回は湯河原町のお祭り”やっさ祭り”と並行して行われ、8月3日開催です。

 

鎌倉のビーチとは違う、昭和の香り漂う海の家は落ち着くのでついつい長居してしまいます。

またいつまでもこの歴史ある吉浜海岸の海の家が残ってくれたらいいなと思います。

 


12345...