横須賀の家 建て方

2017/4/11

こんにちは!

大工の井上です!

今日は生憎の雨ですね。

毎週僕のブログの時は雨な気がして、実は雨男なのかと思う今日この頃です。

昨日横須賀の家の建て方が始まりました。

20170410_111241

今回は御影石の基礎パッキンで施工です。

御影石の基礎パッキンは自然素材で環境に優しく、劣化しないことが特長です。

20170410_120049

土台が敷き終わりましたね。

20170410_180231

20170410_180223

柱に通し貫を差し組み上げていきます。

通し貫は木組みの伝統工法で接点が多く粘り強くなり地震で倒壊しにくくなっております。

また楽居では外壁窓化粧枠、内装扉化粧枠もこの時点で組んでいきます。鴨居になる梁等には事前に溝も突いてあります。シンプルに強く、効率良く考えてきての形です。

1491876189568

先日大工の田中が頑居堂で加工していた欅の大黒柱も入りました。

存在感ある8寸の大黒柱はこの先住まい手と共に家と暮らしを支えてくれるでしょう。

今日は雨なので明日から建て方は続きます。

安全第一で住まい手の感動の為に邁進します!

 


個別現場見学会と内覧会

2017/4/10

先週お知らせした 「個別現場見学会と内覧会」ですが

週末の予定から徐々に予約が入ってきているようです。

内覧会をご希望の方はお早めにご連絡いただけると、予定が組みやすいです。

(個別見学会希望とお伝えください。)

電話番号 0467-55-8812

メール info@rakkyo.co.jp

お問い合わせフォーム こちらから

①お名前 ②電話連絡先 ③ご見学人数

④ご希望の日時(第1希望~第3希望程お知らせください。)

⑤ご見学後 ご相談希望の方はその旨お伝えください。

今回は期間限定でのご案内です

期間  2017年4月7日~2017年4月30日

◇建築中の現場見学

2

◇OB宅の見学

3

◇七里ヶ浜のアン・ジューのご見学

4

5

◇湯河原の工房頑居堂のご見学

1

ご連絡お待ちしております。


オススメのお店 江ノ島

2017/4/9

こんばんは

鎌倉も桜が満開となりました。

DSC_3496

 

花散しの雨となりましたが、七里ヶ浜の桜並木はとてもきれいです。

DSC_3497

 

 

さて、今日は私のお気に入りのお店をご紹介します。

 

江ノ島駅のすぐそばの、ジェラート屋さん。

その時々の旬のもので作るジェラートが、この上なく美味しいです。

received_1109984089022787

 

ジェラート屋さんですが、ピザがまた美味しい。

received_1031208370233693

 

received_1362397663781427

 

 

通常夜営業はしていないのですが、

昨日は、「花見で一杯 SE1ナイト」を開催していましたので、

仕事帰りに寄ってみました。

 

received_1414194705268389

 

店内は、グラスに桜の花を浮かべた日本酒を片手に、

常連さんで賑わっていましたが、

私は車のため、お酒は諦め、

「鶏とたまごのピザ」を頂いてかえりました。

 

和のピザ、これもまた美味しかったです。

鎌倉・江ノ島散策の際には、ぜひ。おすすめです。

 

 

はやさき


大黒柱

2017/4/8

今週は頑居堂で来週から始まる横須賀の新築工事の下準備をしています。

今日は大黒柱の加工です。KIMG1892

今回は欅(けやき)の8寸角を使います。


KIMG1894墨をつけて、加工していきます。1491643739458硬い木ですが先日長勝さんに目立てをしてもらったばかりの鋸のお陰でサクサク切れて作業がはかどります。KIMG1901今回使った道具達、頑張りました。KIMG1900完成しました。

来週からの新築工事、安全に気をつけて作業していきたいと思います。

 

 


左官砂

2017/4/7


こんにちは大工の浅利です。

いよいよ桜が満開を迎えているようですね!

 

IMG_1149

 

湯河原町の頑居堂に向かう途中にある桜の木です。

樹齢はどの位経つのかわかりませんが立派な桜の木で夜になるとライトアップされて毎年僕の楽しみになっています。

 

さて今回は左官砂について

左官砂とは川砂といい粒が大きいものは砂利、それをふるいかけた細かい砂が左官砂になります。

砂は左官作業にとってなくてなくてはならないものですね。例えばIMG_1148

セメントを混ぜたり

 

IMG_1145

土に混ぜたり

 

IMG_1150

または漆喰に混ぜたりなど壁の表情を幾重にも変化させてくれる大切な材料です。

楽居の各現場で使われる砂は湯河原町の建材屋さんから運ばれています。

 

これには理由があります。

砂は自然から採れるものでやはり産地により違いがあるそうです。

左官屋さんと一緒にお仕事をする機会も多いのですが

“いい砂だなー”

という言葉をよく聞きます。

やはり砂によって水分の含み方も違い、それにより材料の練り加減、そして左官屋さんが材料とコテをとおして手で感じる感触(塗り加減)も違い、仕上がりにも影響してきます。

 

IMG_1147

そういう理由からも湯河原町から砂を運んでいます。

ちなみにこの写真の砂は神奈川県足柄上郡の山北町で採掘されているそうです。

 

楽居では住まい手のためにつねに信頼できる材料を使っています。

 


...34567