アート散歩

2018/10/19

こんにちは大工の浅利です。

 

季節も気がつけばもう秋ですねー

秋といえば芸術の秋ということで…笑

 

BB1B641A-4DC0-4901-B05A-3AB71910EF7D

 

今年で5回目を迎える湯河原・真鶴アート散歩が11月1日から11月30日まで開かれます。

今年は楽居アンテナショップのAKITAも参加します!

 

4EC48CEA-487F-4D94-B314-FD3F702A2AAA

 

今年は過去最多の66会場が参加で、作家さんや、陶芸家さん、またはインテリアショップのような店舗などさまざまな方が参加します。

パンフレットを片手に会場を訪ね、芸術作品を堪能し、自分で実際に作品をつくったり、商品を観て回るのがこのアート散歩です。

各会場で店主の方と会話を楽しむのもいいですね!

 

 

E77119FD-B9FE-4F91-BEBC-131BD79DF89B

 

AKITAも11月30日まで参加していますので、是非訪れてみて下さい!


家と庭と。

2018/10/16

開梱作業

完成した鵠沼の家の撮影用に、家具を搬入させていただきました。

 

nEyRsFzA

家具が入ることで、ゆったりとした食事の時間、窓の外を眺めながらのくつろぎの時間など、暮らしのさまざまなシーンが目に浮かびます。
一つ一つ組み立てながら、この家での「暮らし」が息づくような感覚を覚えた時間でした。
img_9989.jpg

植栽工事の現調に訪れた頃、中庭はさほど広さを感じない荒地のようでしたが、今では、玄関を入ってすぐに、緑が目に飛び込んできます。
IMG_1625

コの字で囲んだ中庭が、季節感をもたらしてくれると同時に、光や風をも感じる空間となりました。
窓際には株立ちのアオダモ。
きれいな斑の入った幹越しに景色を眺めることで、何もないときより空間に奥行きを感じられるようになった気がします。
img_9993.jpg

IMG_1627

リビングからの眺めも落ち着いたものとなりました。
今年は夏の猛暑と激しい台風で、あっという間に落葉してしまいましたが、また季節が廻れば、ハナカイドウのお花見やモミジの新緑、紅葉も楽しめるようになる予定です。

 

使いやすく暮らしやすい間取りはもちろん、どこに窓を設けて、何を眺めながらどう過ごすか?
家と庭を一体として考えることで、日常の何気ない時間が、より心豊かなものになればいいなと思います。
m.miura


家具の考え方

2018/10/14

随分と肌寒くなりました。薪ストーブが恋しい季節です。

 

今日は自宅の家具をご紹介します。

 

我が家のテレビボードは、ブロック(ホームセンターで購入)の上に、

杉板(1,8m幅、40cm奥行、36mm厚)を乗せただけの、とてもシンプルなものです。

DSC_3082

 

扉はありませんが、無印のソフトボックスがすっぽりと納まります。

たまにベンチ代わりに座ることも。

板をカットしたり、ブロックをさらに積んだりと、自由度が高く、

気にいるテレビボードがなかなか見つからない、という方にはオススメです。

1万円程度です。

 

そしてこちら新入り

古道具屋さんで見つけた昭和初期の和家具。

レトロなガラスがいい感じです。

DSC_3084

 

新品の家具ももちろん良いですが、

タイミングがよければ、作りの良いものを、お手頃価格で手に入れることができるので、

個人的には古家具もお勧めです。

 

 

いつか欲しいのは、これ。(お店で写真を撮らせてもらいました。)

ウェグナーのキャビネット!

DSC_2836

DSC_2833

丸く削り出された取っ手。

こだわりを随所に感じ、惚れ惚れします。かっこいいですねぇ

 

家具のコーディネートも可能ですので、こんなのある?とお気軽にご相談ください。

 

はやさき

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大江戸骨董市へ

2018/9/30

先日の連休、有楽町で開催されていた大江戸骨董市へ向かいました。

 

久しぶりの東京駅。広場の整備も完了していました。見事ですね

DSC_2973

 

学生時以来、 会場の東京国際フォーラムへ

received_1132602166903904

 

地上広場全体にたくさんのお店。

DSC_2970

 

DSC_2971

 

received_2137826203151611

懐かしいケロちゃん!

 

和家具、食器、着物や帯、古本、タイル、わけのわからないものまで様々なものが並んで、

宝さがしの気分です。多くの海外の方も興味深々な様子でした。

 

 

私はというと、1900年代初期英国向けにつくられたマルキ印のカップ&ソーサーを購入しました。

(店終い間近ということで、悩んでいたら値引きしてもらえました!3時ごろがオススメなのかも)

 

運のいい方(?)は、アンジューのお打ち合わせ時に出会えるかもしれません。

お楽しみに。

 

はやさき

 

 

今夜は関東でも台風の影響が出るとのこと。

外出は控えて、風で飛びそうなものは家の中にしまうなど、安全対策をとりましょう。

 

 

 


プロダクトアウト?マーケットイン?

2018/9/26

プロダクトアウトとマーケットイン、それぞれよく聞く単語とは思うのですが、

あらためて取り上げてみたいと思います

 

まず以前盛んに言われていたのは

プロダクトアウト=売り手都合の押し付け=悪

マーケットイン =ユーザー目線    =善

という二元論です

今時ユーザー目線のない企業など淘汰されてます

 

スクリーンショット 2018-09-25 15.32.59

出典:http://infofreestyle.com/product-out-market-inn

 

確かに70年代までの高度経済成長期に関してはモノが足りない時代でしたから、良いモノを作れば売れるという時代でしたが、80年代以降供給が過剰になり、ユーザーのニーズにマッチした商品じゃなければ売れない、と変化しました

 

これに一石を投じたのがGoogleやAppleに代表される企業です

「こんなの良くないですか?」と、プロダクト側の思いを自由に提案してます

もちろん潜在的なユーザーニーズがあるであろう事は十分にリサーチしてますが

 

 

例えば楽居では、住まい手のライフスタイルを考えて様々な断熱方法で施工してます

工法は内断熱・外断熱も、素材は自然素材だったり一般的な建材だったり

効果やコスト、それぞれにおいてメリットデメリットがあります

ですので、ぜひ「こんな暮らしをしたい」とおっしゃって下さい

寒いのは大丈夫なので夏涼しければ冬は気にしないとか、逆に冷え性なので冬の寒さは緩和してほしいとか、キッチリ断熱して夏も冬も温度が変わらない様に、など

専門家としていろいろなご提案が出来ますのでご期待下さい

 

 

つづく?