2019年スタートです

2019/1/7

2019年です。

年末年始、どのように過ごされたでしょうか。

 

今日は、楽居メンバーで箱根神社詣

1546852765419

DSC_0201

私は大吉を引き当てました!よしよし。

 

 

箱根神社から向かうは福浦漁港の食堂。

 

DSC_0203

DSC_0202

今朝水揚げされたお魚たち。プリプリです。

人気のお店なので、14時前に行くのがオススメです。

 

 

 

住まい手のみなさまに喜んでいただける家づくり、暮らしづくりの提案のため、

これまで以上に、尽力して参りたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

追伸

昨年末の餅つき大会は過去最高の90名にご参加いただき、大盛況で終えました。

その様子はまた後日。

 

 

 

 

 

 


消費税について

2018/12/9

12月も半ば、いよいよ寒くなりましたね

年末らしく、打ち合わせもたくさん入り、ばたばたと過ごしております。

 

 

今日は消費税について。

来年の10月から10%への引き上げが決まり、そのご相談もちらほら増えてきました。

新築やリフォーム等の工事の際の消費税率については、以下となります。

 

 

新築・リフォーム他 2019年10月までに完成・・・8%

新築で2019年3月31日までの請負契約・・・増税後の完成でも8%

新築で2019年4月以降の請負契約で増税後の完成・・・ 10%

 

 

来年は工事の予定が混んできておりますので、ご検討中の方はお早めにご相談くださいね。

 

 

 

 

 

さて、今月の我が家の新入り

received_2050072485055756

アアルトNo.69  ヴィンテージ ボア仕様。

本当は別の椅子を買う予定が、気がつけばこのかわいい子が家にいました

椅子選び、楽しいですね。

 

椅子や家具のご紹介もできますので、お気軽にご相談ください

 

はやさき

 


薪ストーブが恋しい季節

2018/11/19

気持ちのよ秋晴れが続いています。
とはいえ、ちょっと陰に入ると、吹く風がひんやりと感じられたり、季節は着実に冬へと向かっているようです。
ということで、今年もそろそろ恋しくなってきた薪ストーブ!

 

IMG_9140

 

このやわらかなぬくもりと、炎のゆらめきは、大人も子どもも、ペットたちをも魅了してしまいます。

 

 

_MG_6211

 

こちらは、An・Jour の初代ペレットストーブ。
もちろん、実用の暖房器具として導入するストーブですが、火を入れない季節もインテリアの一要素として、存在感を示します。

 

 

IMG_0956

 

こちらは、広めの玄関土間に設置した薪ストーブ。
ストーブのぬくもりが、部屋続きのリビングダイニング、キッチンへと広がります。

 

 

IMG_5125

 

せっせと薪をくべるのも楽しみの一つですね。

 

数ある機種の中からのストーブの選び方、置き場所、煙突のこと。
また、薪の調達、周辺環境に応じた使い方のマナーなど、考えるべきことはいろいろとありますが、そんないろいろも含めて、ストーブのある家、ストーブのある暮らしをご提案しております。

 
ストーブユーザーの皆さまは、シーズン前に、煙突掃除をお忘れなく!

 

m.miura


植物あれこれ

2018/11/5

img_2050.jpg

秋晴れの下、植栽の仕入れ先を回ってきました。
春の草花の華やかなに雰囲気にかなうものはありませんが、秋のこの季節もそれなりに市場がにぎわいます。
img_2057.jpg

過酷な夏を経て、植物にとっても、ようやく落ち着ける季節ですね。

 

img_2045.jpg

いつも時間に追われて、じっくりと見て回る余裕がありませんが、今回は植木に草花、観葉植物に、珍奇な植物まで、ぐるりと一回り。

 

img_2046.jpg

img_2049.jpg

庭植えの植物から室内栽培用の植物まで、無数の植物が並んでいます。

 

忙しい日々の中で、植物のお世話にまでとても手が回らない!という方も多いかと思いますが、植物の存在が癒しになったり、空間コーディネートの要になるのも事実です。

生長が速い植物、遅い植物。頻繁に水やりが必要な植物、ときどきでよい植物。

大きな手間をかけずに楽しめる植物もたくさんあります。

そして、多くの植物は、環境さえ合っていれば、元気にすくすく育ってくれるもの。

そういう意味では、日当たりや風通し、気温、湿度など、環境を見極めることが一番大切なことかもしれません。

そういうとまたハードルがあがるかもしれませんが、私自身、どれだけ失敗を重ねてきたことか..

失敗を積み重ねながら、だんだんと植物のことを知り、環境を理解していくのだと思います。

まずは一本の木、あるいは一鉢の観葉植物から。

自分の好みやライフスタイルに合った植物を選ぶことで、自分なりの「植物のある暮らし」を始めてみてはいかがでしょうか。

 

m.miura


アン・ジューもメンテナンス

2018/10/24

日に日に秋らしくなり、曇り空の下では、吹く風もひんやりと冷たく感じられるようになりました。
七里ガ浜のアン・ジューも、すっかり秋の装い。
相次いだ台風の影響で、今年はきれいな紅葉にはほど遠く.. 早くも枯れ葉と枯れ枝の季節です。

 

img_1629.jpg

傷んだ植栽の手入れを兼ねて、大工の山ちゃんが外周りをメンテナンス中。
さきほどから流木と格闘しています。

 

img_1632.jpg

こちら、大小の流木を組み合わせてつくった、ちょっとオブジェのようなフェンスです。
一本一本大きさも形も全く異なるため、どう組み合わせていくか試行錯誤。
流木自体が、そもそも自然の素材ですし、形も流線形のフェンスなので、植栽ともよくなじみます。

 

春夏とモサモサに茂っていたアン・ジューのお庭もすっきり。
家の中のお掃除だけでも大変なのに、お庭の手入れまでなかなか手が回らない!と感じることもありますが、やっぱりこのお庭があってこそのアン・ジューだなぁ..としみじみ感じた昼下がりです。

 

m.miura

 


123