中国プロジェクト 2

2017/3/16

こんにちは。

設計兼大工の松本です。

先週は新プロジェクトの為、中国に行っていました。

 

プロジェクトの合間に、万里の長城の最東端とされる虎山長城へ。

 

DSC_5107

 

 

階段の一段一段がとても高く、踏面の狭いので、手すりにしがみつきながら登ります。

 

DSC_5131

 

息を切らしながら無事頂上へ着くと、壮大な眺望が待っていました。

 

DSC_5133

 

上海や北京のような都会に行くのもいいですが、

こういった自然の景色を楽しむ方が僕は好きです。


板塀

2017/3/15

こんにちは。ここのところ寒い日が続きます。ここを乗りきれば暖かい春が訪れるようですよ。

さて、先日お引き渡しを迎えた戸塚の家。検討していた外構工事の板塀の施工がスタートしました。

柱、土台は檜材を使用します。

柱の位置、アンカーの位置を確認し、刻んでいきます。柱のほぞ穴は貫通して抜いていきます。ほぞ穴などに水がたまらないように仕組みはなるべくシンプルにかつ、雨風に耐える構造となる事が大事ですね。



柱には通し貫のほぞ穴を加工します。貫を通し楔を打ち込んで、横方向の強度をアップします。更に土台と柱は込みせんを打ち込んで、引き抜きの強度をあげます。 


木は痩せます。後に楔を更に打ち込む事で通し貫がまた締まります。こうしてメンテナンスにも対応できる、木組みの板塀を施工していきます。


形になってきました。ひとつひとつ丁寧な仕事をして住まい手に笑顔を届けます^ ^完成までもう少しです!

t.nagashima


逗子の家仕上げ3

2017/3/14

こんにちは!

大工の井上です!

今日はあいにくの雨模様ですね。

夜は予報では雪?のようです。

早く暖かくなるとよいですね。

逗子の家では着々と仕上げが進み、ラストスパートかかっております。

1489462806330

浴室のタイル張りです。

1489462804896

キッチンタイル

1489462803565

トイレの住まい手支給フラミンゴクロス

今にも動きそうです。

1489462808430デッキ用の束石も据えられました。

1489462802203

リビングのレンガも張られましたね。

様々な仕様の壁材を使い養生が剥がれるのが楽しみです。

住まい手が来られる度に笑顔になって頂けてとても嬉しいです。

今日は住まい手の息子くんが卒園式です。

一皮むけて会えるのを楽しみにしてます?


屋上緑化に向けて

2017/3/12

おはようございます。

先日、無事に出張から戻りました。

クライアントへのヒアリング、建物の測量をし、これから提案に向けて動き始めます。

今回改修する建物は、こちら

DSC_3374

 

DSC_3316

 

DSC_3315

 

RCのフレームに、中国ではおなじみのレンガの壁、鉄骨のトラス。

クライアントやこちらの人にとっては当たり前のみなれた建物だそうですが、

私たちからみると、なんて素敵なの!という雰囲気です。

この雰囲気を活かしながら、格好いいものを創っていけたらと

妄想は膨らむばかりです。

 

 

さて、逗子の現場では、ポーチ上の緑化に向けての作業がはじまりました。

住まい手自ら、縁の石をならべていきます。

DSC_3420

 

この中に砂と土を入れていきます。

 

DSC_3425

 

庇の先端にちょこんといるのは、、

こちらも住まい手がつくったシーサーです。

ヒアリングの段階から、家のどこかにおきたい、というご希望があり、

こんな提案となりました。

1489288392194-1598144850

わかるでしょうか。

 

 

毎日、このこたちに見守られながら出掛け、そして帰ってくるのだと思うと、

羨ましい気さえしてきます。

 

緑でふわふわになる頃が楽しみです。

 

 

はやさき

 


3月11日

2017/3/11

今日は3月11日ですね。 震災で亡くなられたかたのご冥福をお祈りいたします。

僕は当時は埼玉に居たのですが、立っていられない程の揺れに恐怖を感じたのを思い出します。 それよりも衝撃を受けたのは津波で色々な物が壊され、流されて行く映像。圧倒的な自然の力に対しの無力さにものを作る事に疑問を感じましたが、あの津波でもき流されずにいた木造の建物があると知ってそれから構造に関して感心を持つようになりました。

あれから色々と学んできましたがもっと勉強して、住まい手に安心して長く住んでもらえるようなもの作りを目指していこうと感じさせてくれた日でした。

 


...23456