head_blog

ブログ・ニュース

玄翁

こんにちは大工の浅利です。

今日も寒いですが雲ひとつない快晴ですね〜

まず逗子の家からIMG_0760

外壁板張り作業も進みIMG_0757

室内での造作材も次々と取り付けられています。

2階からロフトの階段も取り付けられました。IMG_0759

さて今日は現場の大工さんの腰袋の中に必ず入っているものを紹介したいと思います。IMG_0745

大工さんたちは玄翁(げんのう)と呼んでいます。

釘を打つ、鑿を叩く、鉋の刃を調整するなど現場では大工の手の延長となってなくてはならないものです。

玄翁は重さも様々種類があり大工たちは作業の用途により使い分けてます。

ちなみに玄翁の重さの表記は昔の尺貫法の表記の匁(もんめ)を使うことが多いです。上の写真の玄翁は80匁(約370g)です。IMG_0746

2枚の写真の玄翁の柄は自分で仕込んだものです。自分の手に合う様何度も削り直し仕上げました。

やはり綺麗な仕事をするためには自分の道具を大切にし、手入れを欠かさずする事でまた作業が何倍にも楽しくなります。

住まい手のためにいい仕事をするためにこれからも自分の道具を大切にしていくのだと思います。




Copyright© 株式会社楽居. All Rights Reserved.