中間検査

2016/10/6

今泉台の家、先日の上棟式からも着々と進んでおります。

本日は、中間検査でした。

中間検査というのは、住宅の構造が正しく造られているか、について

第3者の目で確認してもらう検査です。

結果は、、、

もちろん合格です!27581

構造の検査なので、構造材自体が、表しになっていて、骨組みの状況ですね。

 

建築に携わる人の中で、構造材が露わになっている写真のような状況が一番好きだ、という人が多くいます。

僕もその一人ですが、きっと、工事の間の一瞬しかない状況だからこそ、ということが理由の一つなのかもしれません。

これから、壁の下地になる板状の材料が貼られていきます。そうすると、部屋の輪郭などが見えてきます。

それはそれで楽しみなのですが。

h.tanaka


2016年餅つきのお知らせ

2016/10/6

■日時:2016年12月29日(木)11:00~15:00
■場所:足柄下郡湯河原町「頑居堂」

上記の日程で「第10回餅つき大会」を開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。
詳細につきましては、追ってご案内いたします。

 


食事会

2016/10/5

こんにちは。只今楽居ではおかげさまで数多くの物件を進行させていただいております。

大工、設計フル活動して毎日爽やかにお仕事させていただいておりますm(__)m

楽居では定期的に全体会議を設けております。現場チームと設計チーム、普段は各現場、事務所とそれぞれ作業をしていますが、経営理念、ミッションを再確認し、各物件の進行状況や今後の予定、または現場と設計とで仕上がりやおさまりなど話し合い、しっかり共有する事が目的です。

この日も限りある時間の中、内容のある会議になりました!

会議の後は、皆で焼き肉を食べに行くことになり、普段の緊張感を忘れ、しばしリラックスした雰囲気で、美味しいお肉をいただきました!

たっぷり食べて、スタミナつけて最高のパフォーマンスで住まい手に感動を提供するべく、チーム一丸となる夜となりました^_^

ご馳走さまでしたm(__)m

t.nagashima


板金屋さん

2016/10/4

こんにちは!

大工の井上です!

今泉台の現場に板金屋さんがゴムアスのルーフィングを張りに来てくれました!

ゴムアスを張るまでに化粧野地→ルーフィング→断熱→通気→荒野地→ゴムアスとなっております。

20161004_085005

これで雨の心配はなくなりました。

板金屋さんは基本外作業が主なので、

一年中肌が黒いです!

真夏日に屋根の板金作業をすることは、イメージ的にフライパンの上で作業しているようなかんじです。

また天候に左右されるお仕事なので、梅雨や台風時期は大変ですね。

屋根は暑い、寒い、雨、太陽すべて受けとめる重要な部分です。

信頼できる板金屋さんでいつも安心です、

僕もいろんな困難をすべて受け入れられるように大きく成長したいです。

いつも爽やかにお仕事していただける職人さんに感謝!

 


長く大切に

2016/10/3

完成間際の逗子の現場より。

大半の照明器具が取り付けられ、床の養生等も上がって、全貌が見えてきました。

全体の様子が見えると、やはりいよいよ!という気持ちが高まります。

今回は、建具、家具、照明器具など、旧家から引き継いでお使いになられるものも多々あり、必要な箇所に手を加えつつ、いいものを長く、大切に使われる住まい手ご家族を見て、とても素敵だなと感じています。

この家も、ご家族に長く愛され、味わいを増していってくれるといいなと思います。

img_6247-1.jpg

所変わって、こちら外部収納の扉です。

室内の床材として使用している栂材の残りを用いて、大工が製作したもので、引手をつければ完成の予定です。

こうして材料を無駄にせず、余すところなく使い切るというのも、自分たちの大切な仕事だと感じます。

そして、柔軟な対応を受け入れてくださる住まい手の皆さんにも感謝の気持ちです!

m.miura

 


...34567