すまい手の声 01

2020/6/27

梅雨入りし、ジメジメした日が続きますね

自粛期間が明けたとは言え、家で過ごす時間が長くなり、

家のあり方を考える方も多くなったのではないでしょうか。

 

そこで今日は、楽居で家をつくったすまい手の声をご紹介します。

新築し、3月に引渡し・引越しをされた愛川半原の家のすまい手からのメールです。

 

 

 

 

お引越しされる前は、団地にお住まいだったので、

そのまま自粛期間に入っていれば、子供にとっても親にとっても大変だったと思いますが、

 

新しい家の周りには山も川があり、

さらには広いお庭(&ボルダリングまで)もあり、

過ごし方は随分と違ったものになったことでしょう。

 

 

 

 

 

こちらのすまい手からは、

一日のルーティーン、休日の過ごし方、理想の生活等について書かれた文章を計画前にいただきました。

 

例えば、

「朝のルーティーン 起きる→トイレ→髭を剃る→着替える→荷物を持つ→朝食→通勤」

 

「子供は広いLDKで家中をアスレチックにして遊びまわる。散らかるおもちゃで家中ぐちゃぐちゃ、、傷つけたり壊さらたり落書きされたりするんだろうな、、」

 

「夜は一人でカウンターで晩酌する。資格を取るための勉強も、仕事の勉強もカウンターでする」

 

「休みの日は自分も家事を手伝う、料理も作りたい。ショッピングモールまでお出かけしたり、外でランチしたり、山に行ったり」

 

まだまだあって、こういうイメージが、A4で5枚分くらい。

(楽居内ではこの手の要望書を通称、ポエムと呼んでいます!)

 

工法や素材、広さや間取りなど家本体を考えることに加えて、

こんな風に暮らしたい、過ごしたい、という生活のイメージがあれば、

取捨選択がしやすくなり、

出来上がるものは、より良いものになると、これまでの経験上感じています。

 

 

家づくりの中で、諦めたモノやコトはきっと多くあるだろうと思いますが、

それでも、「最高な家」になったようで、

お手伝いする身としては、とても嬉しい言葉でした。

 

 

 


ハーフバス事例UPしました

2020/6/6

これまでデザイン、施工したハーフバスの一例をご紹介します

 

http://rakkyo.co.jp/works/10385

 

使う素材によって、印象も様々

 

お手入れの自信がないけど、お風呂時間を楽しみたい!という方におすすめです。

 

施工事例からも見られますので、参考にどうぞ。

 

 

 

 


ジューンベリーの実を収穫

2020/5/31

今日は少し梅雨の気配を感じます。

 

 

先日、アンジューのお庭にあるジューンベリーの実を収穫しました。

 

たくさんの実をつけています!

 

赤黒い実が収穫時です。

 

 

 

 

 

少し鳥に食べられてしまいましたが、ボウルいっぱいに取れました。彩りが美しい…

 

 

自然の恵みをいかに美味しく頂くか  .  .  .

 

考えた結果、

 

早崎お手製のスムージーになりました!!

 

逗子のM様より頂きたジャムを少し加えましたが、

今年の実は例年よりも甘みがあり、スムージーにして正解でした!

味わってみると、アセロラっぽい風味を感じました。

 

 

お庭にお花や実を楽しめる木があると、楽しいですね。

ごちそうさまでした!

 

近藤


続々 愛川半原の家

2020/5/23

 

住まい手より、現在の家の様子を送っていただきました。

 

山の緑を背景に。

こんなロケーションはなかなか珍しい(合成写真ではありません!)

秋には紅葉した木々に囲まれると思うと、心が躍ります。

 

 

板塀に見えるは、セルフビルドした薪小屋です。

今冬に向けて、薪を収集中だとか。

 

 

こだわりのキッチン&カウンター

カウンターから、窓越しの山の緑がちらり。

お茶でもしに行きたくなります。

 

 

夜はというと、

さすが愛川町、空気が綺麗で星もくっきり

 

 

山と川が近い立地ですが、湿度は安定しているそうです。

無垢材と土壁効果が出ているのですね。

 

住まい手にとっては、数ヶ月におよぶセルフビルドで随分大変だったと思いますが、

暮らしはじめて効果を実感できると、喜びも一入でしょう

 

今後はラグや植物を入れていくとの事。

楽しみは尽きませんね

 

 

 

屋根:ガルバリウム鋼板

外壁:杉板(ウッドロングエコ セルフ塗装)

室内床:桧・杉板

室内壁:土壁 漆喰(セルフ左官)・珪藻土クロス

 


続 愛川半原の家

2020/5/17

5月も半ば。初夏の陽気です。

アンジューのジューンベリーの実は、6月の収穫に向けて順調に育っています

 

 

愛川半原の家、続編です。

キッチンはⅡ型の配列です。

(キッチンをこんな風に上から見れることって少ないので、新鮮!)

 

コンロ側はメーカーキッチンを、シンク側はタイルトップの造作キッチンです。

 

 

悩みに悩んだ壁タイルは艶のあるチョコレート色のタイルとしました。

家電のブラックとも相まって、大人な雰囲気です。

奥のパントリーはモリスの壁紙をチョイス

 

 

 

シンク側は扉なしのオープンなキャビネット。

タッチレス水栓に、W600のASKOの食洗機もセットされています。

 

 

 

洗面台もシンプルに造作しました。

床も壁も無垢の杉板を使用。湿気対策には◎です

 

 

無垢材の建具は、あえてブラックとオリーブ色で塗装。

木ばかりだとどうしても野暮ったくなりがちなので、良いアクセントになりました。

 

この塗装も住まい手が行いました。

土塗りに比べたら、だいぶ楽な作業だったはずです!

 

 

吹き抜けを見上げるとこんな感じ。

かっこいいですね

 

こちらはデッキ。

軒を大きく伸ばすことで、雨の日にも使える空間となります。

 

 

伝統と新しさをMIXした、楽居らしい家となりました。