head_ism05
トップページ 楽居イズム > 健康を守る自然建材

健康を守る自然建材RAKKYO ISM

楽居イズム
RAKKYO ISM

~安心、安全な自然素材~

新築やリフォームしたての住宅や店舗施設で、ツーンとした匂いや、目がシバシバするなどの不快感を感じたことがあると思います。 屋根・壁・床などの合板接着剤や壁クロスの接着剤などに含まれる「ホルムアルデヒド」、 その人体への影響としては、粘膜の刺激、呼吸器系・目・のどなどの炎症を引き起こすなどの急性毒性があります。

楽居の木の家は、屋根・壁・床はもちろん、見えない下地や断熱材においても、合板やビニールクロスなどの化学製品を極力使わず、木や土などの自然素材を用いるようにしています。 化学物質化敏症やアレルギーがある方にも、安心して気持ちよく過ごしていただけるはずです。


~構造材・木材~
「国産無垢材」

集成材・構造用合板等、接着剤が含まれホルムアルデヒドを発散するものは基本的に使いません。日本の山で育った国産材を葉枯らしで天日乾燥させたものを使用します。


~断熱材~
「フォレストボード・パーフェクトバリア」

「フォレストボード」の原料は杉樹皮・バージンパルプ。糊もトウモロコシから作られたコーンスターチ糊です。一般的な断熱材と異なり化学物質を一切使わないので体に優しい断熱材です。また、廃棄時には完全に土に分解されるので、環境にも優しい断熱材です。

「パーフェクトバリア」の原料は飲用のボトルにも使用されるペット樹脂のリサイクル材。「赤ちゃんがくるまっても安心な断熱材」を目標に開発されました。

成型の過程でも接着剤を一切使用せず、有害物質を含まない安心素材。 天然素材ではありませんが、例えばセルロースファイバーの含有ホウ酸のような懸念もありません。最近「吸」湿性能を誇る断熱材が多くありますが、これによる壁内のカビの懸念があります。 その点、この素材は「透」湿性能に優れており、壁内環境も良好に保ちやすいです。


~壁材~
「土壁・漆喰等」

近年の密閉性の高い住環境に生じる結露やカビ・ダニ、これらによって引き起こされるシックハウスやアレルギーといった人体への問題から、 調湿効果のある素材が注目されています。

土・漆喰、どちらも古来より使用されている日本の気候風土に合った代表的な壁材です。 高温多湿の気候風土の下、建築物にとって重要な調湿効果を担ってきた土壁、環境と健康への配慮からもお勧めしています。


~外壁仕上材~
「焼杉・鉱物系左官材」

「焼杉」は日本で古くから用いられてきた外壁材です。 焼きを入れて炭化した杉の表面には、水に対する防腐性能、そして意外にも火に対する耐火性能が生まれます。
また、海辺にあっては潮に強いという特性もあります。 美感上も、手で焼いた杉は表情豊かで、工業製品では出せない質感のある雰囲気が出ます。

楽居で使用する外壁用の鉱物系左官材は、ヨーロッパの建築で使用されているライムストーンの美しい左官材です。吸放湿性能があり、壁内結露も防止できます。 また、平たく言えば「石」ですので経年劣化によるメンテナンスの手間とコストから開放される上、アルカリ性鉱物特有の白華現象により経年変化で味のある雰囲気が増していきます。


~屋根材~
「石・鋼板」

「天然スレート石」の屋根は、屋内に雨音が立たない、他の屋根材と違って塗装や劣化に対するメンテナンスが不要で長持ちするなどの優れた特徴があります。 何よりよいのはその美観です。屋根が良く見える外観の場合は、ぜひお勧めしたい素材です。

金属素材では、「ガルバリウム」のほか寺社建築にあるような「銅」も用います。銅は経年変化で緑青を帯びはじめると一層雰囲気が出てきます。 雨樋にも銅はお勧めしています。



Copyright© 株式会社楽居. All Rights Reserved.