head_blog

ブログ・ニュース

真鶴マンションリノベーション

真鶴のマンションリノベーション

カウンターの仕上げ材を取り付けながら

同時に土壁の下地となる木摺り(きずり)

を取り付けています。

木摺りとは、土壁やモルタルなど左官材料を厚く付けていく際にに適した

下地の作り方で、程よい木の隙間に材料が引っかかります。

真鶴

 

土壁を塗る時には、ある程度の厚さが必要になってくるので

このような下地を取り付けていくわけです。

等間隔に取り付けられた、木摺りが美しいですね。

マンションでは室内が乾燥していることが多いので

壁(広い面)で調湿をしてくれる土壁は

とてもお勧めです。

ひび割れるテクスチャも様々で、やさしい表情で

落ち着きますよ。

S_7408095815846

 

 

 




Copyright© 株式会社楽居. All Rights Reserved.